インドメタシン vs フェルビナク 勝つのはどっち?

一昔前、タイガーウッズが、バンテリンのCMで騒いでいた頃主流の痛み止めの湿布薬、塗り薬といえば、

インドメタシン。

未だにそれが一番良く効く!

とオススメされる人もいるんだなぁ。と感じました。

が、今は、フェルビナクや、ジクロフェナク、ロキソプロフェンと、もっと痛みが取れるお薬も出ています。

病院でしか処方できなかった医薬品が、次々へと市販薬に。

これをスイッチOTCとも呼ぶ。

ちなみにバンテリンは


【第2類医薬品】バンテリンコーワ液S(セルフメディケーション税制対象)(45g)【バンテリン】

こいつが有名ですが、今はサポーターとかも出ています。

インドメタシンを使った湿布薬、塗り薬のシェアが、完全に奪われているからです。バンテリンも危機なのね。


▼セールで使えるクーポン配布中!▼【ゆうメール便!送料80円】バンテリンコーワサポーター [ひざ専用] ふつう (バンテリン 膝サポーター ひざ用 膝用 スポーツ ヒザ)

ブランド力は非常に高いので、サポーターを出すことで巻き返しなるか!?

それが今試されています。

しかし、フェルビナクを主力とした、フェイタスも元SMAPの香取慎吾を起用したり、ブランド力をあげてきており、こちらも湿布薬、塗り薬と、サポーターにも注力を注いでいます。


【全品ポイント+5倍】※要エントリー久光製薬フェイタス メディカル サポーター ふくらはぎ用 Lサイズ(サポーター)

湿布薬主体の製薬会社同士の密かな戦いがいま、市場ではくり開かれているのです。