日帰り旅行キーワード検索上位は「天橋立」

rblog-20180825023456-00.jpg

土日になると検索で上位に上がるのが、観光地への行き方。

特に関西、近畿では、有名な観光地として天橋立がよく検索キーワードに上がる。

よく検索されるワードとして。

「天橋立 駐車場 行き方 料金 ホテル 宿泊 ビューランド」

などが上位ですね。

それらの検索から、公式サイトなどがヒットして皆さんそこでいろいろ調べたりするんですよね。
うちもそうでした。

駐車場なんか特にここ曲がったらあるかな?ってレベル。

今回の旅行で1番気になったポイントなんですけどね。

駐車場ってところ。

運良く終日500円のところを止められましたが、

ちゃんとそこは下調べしといた方がいいと思います。

普通に調べたら

「天橋立周辺は民間の駐車場がたくさんあります。そちらを利用してください。」

しかありませんので、正直私はそれでは不安になりましたね。

満車になる可能性もありますし、何箇所かピックアップしとくべきです。

ロープウェイ乗り場のすくそばに民間の駐車場があります。

ほぼ個人宅の庭って感じでしたが。

ロープウェイ乗り場すぐ側の駐車場なのにワンコインは助かります。

ロープウェイ乗り場に行くまで細い道なので分かりづらいですが、踏切渡ればいくつかありますので、そこで空いてることを祈るのみです。

ビューランドの滞在時間は平均して1時間ぐらいだそうなので、

回転は早い方だと思いますので、すこし待ってみるのも1つ手かと思います。

「天橋立」は若者からお年寄りまで人気の観光スポットであり

旅行会社のツアーでも天橋立はよくみられるが、

若い人たちはレンタカーで出かけたり、

親の車やマイカーを利用して友達と出かけたり、

彼女や彼氏と出かけたりするのだろう。

もしくは私みたいに子連れで出かけたりする方もいるかもしれません。

そんな方に参考にしていただけたらと思います。

元ネタはこちら

ちなみに天橋立は、大山崎ジャンクションから75分で行けちゃいます。

日帰りなら早めの出発と早めの帰宅をお勧めしますね(^^)

渋滞回避が理由の1つですけどね。


◆◆るるぶ天橋立城崎 丹後 但馬 竹田城跡 ’19 / JTBパブリッシング